施設案内

施設長ごあいさつ

秀眉園は1993(平成5年)年開設しております。老健施設は、当初より在宅復帰迄の中間施設として位置づけられております。

当施設は、当初より長期入所としては在宅復帰機能、重度認知症として認知専門棟ケア機能、重度利用者へのターミナルケア機能に取り組んでおります。また在宅の支援として、短期入所療養介護、通所リハビリテーション、訪問介護事業所、居宅介護支援事業所を有しており、地域の方が安心してご利用頂ける施設として担っております。

私のモットとして、ご利用者様の「尊厳」を大切にして、その人らしく生活をして貰いたいという事です。ご利用者の方、ご家族様が秀眉園に来て良かったと思って頂きたいと考えております。また、各職員の専門性を活かし、チームケアに取り組み、安心、安全なサービスに取り組んで参ります。

施設長 露﨑 正紀

施設の理念

信頼と奉仕

—介護老人保健施設における“信頼と奉仕”とは—
私共は新たなる姿を探求し、実践いたします。

利用者の皆様との信頼関係は“開かれた医療・介護”から生まれると確信いたし、その構築に一歩一歩努力致します。
私共は“人間味のある”健康に携わる専門家集団を目指しております。
奉仕の原点は“利用者主体”の認識にあり、その認識の徹底と実現に努めます。

医療法人社団誠馨会は、開設以来、急性期から慢性期・在宅医療と保健・福祉にわたる総合的医療サービスを提供できるグループとして、皆様から信頼され、ご満足いただけるよう努めてまいりました。

さて当園は、今後、人口減少、認知症高齢者の増加、少子高齢社会を迎えるに当たり、重度な要介護度になっても住み慣れた地域で自分らしい生活が最後まで出来るように支援していく事が重要であると考えております。当園の多職種多機能の強みを生かし、医療と介護、生活支援を一体的に進める地域包括ケアシステムの中核・拠点として地域の中で結実した老健施設になる様に職員一同努力して参ります。

介護老人保健施設の
理念と役割

  1. 包括的ケアサービス施設
    利用者の意思を尊重し、望ましい在宅または施設生活が過ごせるよう チームで支援します。そのため、利用者に応じた目標と支援計画を立て、 必要な医療、看護や介護、リハビリテーションを提供します。
  2. リハビリテーション施設
    体力や基本動作能力の獲得、活動や参加の促進、家庭環境の調整など 生活機能向上を目的に、集中的な維持期リハビリテーションを行います。
  3. 在宅復帰施設
    脳卒中、廃用症候群、認知症等による個々の状態像に応じて、多職種から なるチームケアを行い、早期の在宅復帰に努めます。
  4. 在宅生活支援施設
    自立した在宅生活が継続できるよう、介護予防に努め、入所や通所・訪問 リハビリテーションなどのサービスを提供するとともに、他サービス機関と 連携して総合的に支援し、家族の介護負担の軽減に努めます。
  5. 地域に根ざした施設
    家族や地域住民と交流し情報提供を行い、さまざまなケアの相談に対応します。 市町村自治体や各種事業者、保健・医療・福祉機関などと連携し、地域と一体となったケアを積極的に担います。また、評価・情報公開を積極的に行い、サービスの向上に努めます。

施設概要

名称
医療法人社団 誠馨会 秀眉園
住所
〒264-0017
千葉市若葉区加曽利町1803-1(交通・アクセス
TEL 043-234-5900
FAX 043-214-4624
設立
平成5年4月
開設者
医療法人社団 誠馨会
施設長
露﨑 正紀
入所定員
120名
通所定員
50名
部屋数
4人室 28室、2人室 1室、個室 6室
敷地面積
4,357.41㎡
建築延べ面積
4,053.35㎡

ISO9001認証取得

私どもは、2004年(平成16年)11月6日、ISO9001を取得いたしました。
利用者様に対して今まで以上に、よりよいサービスを行えるよう、取得後も、多職種から構成されるISO推進委員を中心に、頻回のチェックや改善の検討に取り組んでおります。

ISO9001認証